« 電気工事 | トップページ | 外壁材 »

断熱材

Img_3083

断熱材張りをしています。

綿みたいなのが入っているんですが、これが燃えにくいのか・・・と眺めてしまいました。

自然系断熱材、プラスチック系断熱材、鉱物系断熱材の3種類にわけられるそうです。

自然系断熱材・・・高価格。結露しにくい。(吸放湿性が高い)
※吸放湿性が高いということは、断熱材自体が呼吸をしているようなもので、結露をおこすことなく湿気を調整してくれます。
天然素材やリサイクル素材を使用して断熱材を作るため、製造時の環境負荷が小さい。

プラスチック系断熱材・・・高価格。 結露しにくい。一次製造エネルギーが高く、環境負荷が大きい。

鉱物系断熱材・・・低価格。施工しやすい。結露しやすい。
※防湿層を設ければ結露を防げます。

~HPへ~

|

« 電気工事 | トップページ | 外壁材 »

「S.N邸新築工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152965/6718249

この記事へのトラックバック一覧です: 断熱材:

« 電気工事 | トップページ | 外壁材 »