« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

薪ストーブ

Img_4112

主人は現場で出たいらない材木を適当な長さに切り、ストックしてきました。

2回程、薪ストーブを焚いてみました。

使ってみた感想は、思ったより早く部屋が暖まるし、1度暖まってしまえば冷めにくく、体の芯から熱くなるような感じはしました。

主人は外に置いてある温湿度計と、家の中になる温湿度計を何度も見ていました。

がんがん焚いても壊れないというピーキャン社MK1薪ストーブ

お客さんに、

「薪ストーブの掃除は?」

と聞かれました。

実は、まだ2回しか焚いてないのでわからないのです。

すごい掃除が大変なのか、2重煙突だからススが溜まりにくいのか。

掃除のこともお客さんに話できるようしなくてはと思っていました。

薪ストーブを設置した業者さんには、

「何度か掃除はしなくては」

と言われましたが、実際のところ使ったばかりなので、春頃には説明できるようになっていると思います。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・National アラウーノ

Img_4093

我が家が設置した設備器具の、使用してみての感想を書きたいと思います。

陶器の手洗器が設置される予定ですが、まだ付いていません。

作家さんにお願いしているところです。

我が家のトイレはNational アラウーノ

アラウーノは陶器ではなく、汚れをはじく有機ガラス系でできているそうです。

確かに汚れが付きにくいですし、掃除が簡単です。

食器用中性洗剤をを入れるところがあり、定期的に便器の中を勝手に洗ってくれます。

ごしごしとこすることはないです。

とてもコンパクトなので、周辺の掃除も楽です。

1ヶ月半くらい、中性洗剤を入れず、こすらず使用していたら、ピンクの水アカが付着しました。

それは、ティッシュペーパーでこすれば簡単に落ちました。

中性洗剤を入れ、定期的に便器の中を洗ってくれるようになると、ピンクの水アカは付着しないようになりました。

掃除で大変なのが「ふち掃除」「床掃除」だそうです(TOTOリモデル.jp

予算が可能なら、ふちなしトイレ、タンクレスが良いと思います

タンクレスにするだけで、トイレの前方のスペースが11センチもあくようです。

たった11センチですが、広く感じられるのでしょうね。

毎日の掃除のことを考えれば、トイレは掃除しやすい物をと思いました。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・YAMAHAベリーシステムキッチン

Img_4102

私がこだわったのは人造大理石のキッチンにしたいということ。

今ではいろいろなメーカーが人造大理石を取り入れていますが、ショールームに行って実際見たのはYAMAHAノーリツだけでした。

YAMAHAの人造大理石の方が、好きな色でしたし仕上げも良かったので、すんなり決まりました。

YAMAHAの人造大理石は、日本で唯一素材から開発しているだけあってとても優秀です。

耐熱性については、まったく問題ないです。

熱したフライパン、普通に置いてますが、なんの変化も無いです。

水を流しても音が静かだし、熱湯をシンクに流したときの、ステンレスの収縮による「ベコン」という音もしません。

ステンレスシンク特有の曇りも無いので、長い間使ってくると見た目以上の良さは感じられると思います。

マーブルシンクも鮮やかでかわいいですよ。

ちなみにあの色は、塗装ではなくソリッド(全面無垢)なので、色がはげるということはありません。

カウンターとシンクのつなぎ目がないので、掃除がしやすいです。

ただ、人造大理石は樹脂性なので長年使用していけば変色します。

この欠点を言うメーカーはないと思うので、知っておいた方がよさそうです。

IH、食器洗浄機も使いやすいです。

オール電化の我が家、電気はなるべく午後9時から午前7時に使用しています。

生ゴミ処理機、食器洗浄機、洗濯機などは特に電気が安くなる時間帯を狙って稼働させています(笑)

6割の方が人造大理石のキッチンを選んでいるようですが、キッチンカウンターの用途としては基本的にはステンレスのほうが優位らしいです。

耐熱性、対薬品性、耐久性、価格などはステンレスの方が優位です。

使い勝手と掃除など、メンテナンスのしやすさを重視して,キッチンを選んでみてくださいね。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »