ブログの終了

Img_4132

S.N邸の新築ブログを終了したいと思います。

何か気になったことや、新築してみて良かったことなどは、こちらのブログにアップします(仲野工務店日記

長い間、読んで下さりありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関の取っ手

Img_4336

玄関の取っ手は、主人があれこれ悩んでいてずっと付いていませんでした。

鍵穴が出ているので、そこを持って開けたり閉めたりしていました。

それをみかねた、いつもお世話になっている空間設計MOREの社長Oさんが取っ手をプレゼントして下さいました。

Oさんは主人が中学生時代の家庭教師だった人、長いおつきあいをさせて頂いています。

この取っ手はとても長く、背の小さい子供達でもつかんで軽く引き戸を動かせます。

取っ手の中央は桜の木で、上と下は鉄でできています。

最初は大きいかなと思っていましたが、我が家の引き戸にとてもマッチしました。

子供達は喜んで開けたり閉めたりしていました。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・ウッドデッキ

Img_4321

設備器具ではないですが、造ってよかった物といえばウッドデッキです。

1階のウッドデッキはスプルス、2階のベランダはレッドシダーという材木で施工してもらいました。

子供達が走り回り、庭を見ながらお茶を楽しんだり、バーベキューをしたり、夜はお酒を飲みながら星を眺めたり、寒いのによくデッキにでています。

家の目の前が開けているので、こんな開放感ある設計ができました。

建坪32坪なのですが、デッキのおかげでとても広く感じます。

予算オーバーで1階のウッドデッキをレッドシダーで造れませんでしたが、とても満足しています。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・TOTO魔法瓶浴槽

Img_4193

1坪タイプのTOTO魔法瓶浴槽バスピアです。

お客さんなどに、

「1坪ですか?広い。十分広いね。魔法瓶浴槽ってネーミングにインパクトあるね~」

と何人もの人に言われました。

施工中に見るのと、設置された後では大きさは同じはずなのに、出来上がりが広く感じました。

床はカラリ床なので、年配の方でもお子さんでも滑りにくいので安心です。

掃除の面では、カラリ床の溝に汚れが溜まりやすいのが欠点で、スポンジでは落ちません。

歯ブラシでごしごし落としています。

脱衣所とカラり床はフラットなので、つまづく心配はないですし、お風呂場の水が脱衣所に漏れないようにもなっています。

お風呂のお湯は、4時間で2度しかお湯の温度が下がらないと言われています。

実際測ってはいないですけど本当のようです。

朝、湯船に手を入れると結構温かいです。

42度でお湯を溜めると、朝は35度の温かさがあると書いてありました。

借家のお風呂では今の季節、すぐ入らなければ冷たくなっていたので、追い焚きをしないで済むというのは経済的にとても嬉しいです。

バスピアよりもフローピアの方は6時間で2度しか下がらないようです。

キッチンにいてお風呂に入っている子供達との会話も楽しめます。

内線でお風呂場とキッチンとがつながっています。

お風呂から声が漏れるので、話しているのが聞こえてしまうのですが、子供達は大喜びで、

「ママー」

とリモコンに話しかけていました。

また、お湯を止めに行かなくて良いというのも楽です。

180リットル、40度と設定すればOK、お湯が溢れてしまうことはありません。

我が家は南西にトイレとお風呂があるので、日当たりは最高!

カビは生えにくいです。

入れて良かったと思ったのは、浴室暖房乾燥機。

TOTO三乾王にしました。

涼風や暖房は使用していませんが、乾燥だけは雨の日に大活躍しています。

お風呂場に洗濯物を干しておけば、生乾きの匂いなどせずしっかり乾燥してくれます。

これから冬になると、洗濯物が益々乾きにくいですよね。

冬は重宝しそうです。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・YAMAHAベリーシステムキッチン

Img_4102

私がこだわったのは人造大理石のキッチンにしたいということ。

今ではいろいろなメーカーが人造大理石を取り入れていますが、ショールームに行って実際見たのはYAMAHAノーリツだけでした。

YAMAHAの人造大理石の方が、好きな色でしたし仕上げも良かったので、すんなり決まりました。

YAMAHAの人造大理石は、日本で唯一素材から開発しているだけあってとても優秀です。

耐熱性については、まったく問題ないです。

熱したフライパン、普通に置いてますが、なんの変化も無いです。

水を流しても音が静かだし、熱湯をシンクに流したときの、ステンレスの収縮による「ベコン」という音もしません。

ステンレスシンク特有の曇りも無いので、長い間使ってくると見た目以上の良さは感じられると思います。

マーブルシンクも鮮やかでかわいいですよ。

ちなみにあの色は、塗装ではなくソリッド(全面無垢)なので、色がはげるということはありません。

カウンターとシンクのつなぎ目がないので、掃除がしやすいです。

ただ、人造大理石は樹脂性なので長年使用していけば変色します。

この欠点を言うメーカーはないと思うので、知っておいた方がよさそうです。

IH、食器洗浄機も使いやすいです。

オール電化の我が家、電気はなるべく午後9時から午前7時に使用しています。

生ゴミ処理機、食器洗浄機、洗濯機などは特に電気が安くなる時間帯を狙って稼働させています(笑)

6割の方が人造大理石のキッチンを選んでいるようですが、キッチンカウンターの用途としては基本的にはステンレスのほうが優位らしいです。

耐熱性、対薬品性、耐久性、価格などはステンレスの方が優位です。

使い勝手と掃除など、メンテナンスのしやすさを重視して,キッチンを選んでみてくださいね。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想・・・National アラウーノ

Img_4093

我が家が設置した設備器具の、使用してみての感想を書きたいと思います。

陶器の手洗器が設置される予定ですが、まだ付いていません。

作家さんにお願いしているところです。

我が家のトイレはNational アラウーノ

アラウーノは陶器ではなく、汚れをはじく有機ガラス系でできているそうです。

確かに汚れが付きにくいですし、掃除が簡単です。

食器用中性洗剤をを入れるところがあり、定期的に便器の中を勝手に洗ってくれます。

ごしごしとこすることはないです。

とてもコンパクトなので、周辺の掃除も楽です。

1ヶ月半くらい、中性洗剤を入れず、こすらず使用していたら、ピンクの水アカが付着しました。

それは、ティッシュペーパーでこすれば簡単に落ちました。

中性洗剤を入れ、定期的に便器の中を洗ってくれるようになると、ピンクの水アカは付着しないようになりました。

掃除で大変なのが「ふち掃除」「床掃除」だそうです(TOTOリモデル.jp

予算が可能なら、ふちなしトイレ、タンクレスが良いと思います

タンクレスにするだけで、トイレの前方のスペースが11センチもあくようです。

たった11センチですが、広く感じられるのでしょうね。

毎日の掃除のことを考えれば、トイレは掃除しやすい物をと思いました。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪ストーブ

Img_4112

主人は現場で出たいらない材木を適当な長さに切り、ストックしてきました。

2回程、薪ストーブを焚いてみました。

使ってみた感想は、思ったより早く部屋が暖まるし、1度暖まってしまえば冷めにくく、体の芯から熱くなるような感じはしました。

主人は外に置いてある温湿度計と、家の中になる温湿度計を何度も見ていました。

がんがん焚いても壊れないというピーキャン社MK1薪ストーブ

お客さんに、

「薪ストーブの掃除は?」

と聞かれました。

実は、まだ2回しか焚いてないのでわからないのです。

すごい掃除が大変なのか、2重煙突だからススが溜まりにくいのか。

掃除のこともお客さんに話できるようしなくてはと思っていました。

薪ストーブを設置した業者さんには、

「何度か掃除はしなくては」

と言われましたが、実際のところ使ったばかりなので、春頃には説明できるようになっていると思います。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごみ置き場

Img_4084

勝手口にごみ置き場を造ってもらうことにしました。

床はコンクリートにして、その上にデッキを造ります。

デッキつづきで棚を造り、資源ごみ用、ビン用、ダンボール用、牛乳パック用、燃えるごみ用などと仕切りをつけてもらいます。

勝手口の方が道路側なので、ごみ袋やコンテナが丸見えでした。

これですっきり隠れます。

車が1台入れるようにするので、ごみを車に積むのも楽になります。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2階からみると

Img_3922

このように2階の床をとって階段を設置しました。

子供は階段から落ちないかなと心配していましたが、警戒しているので大丈夫なようです。

将来子供部屋が欲しいと言われれば、この階段を境に壁を造り、しきるつもりです。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

階段の勾配

Img_3906

主人が悩んだといえば、階段の形と勾配です。

この階段の勾配にこだわりました。

解放的な空間を見せつつ、緩やかで上りやすい階段にしたいと悩みました。

2階の床に階段をのせて造られた鉄の階段、そのまま造ればデッキへ出入りできるサッシに重なってしまい支障がきたします。

なので、2階の床を階段の幅に少しへこみを造り、階段をのせてあります。

言葉だけでは?だと思うので、後日、2階の階段の写真をアップします。

~HPへ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Banda | S.N邸新築工事